創立者のマグダレナ・ソフィアはフランス革命の激動の時代に生きました。
19世紀前半の不安定で、混乱した時代に多くの困難に直面しながらも、これほどまでの活動にマグダレナ・ソフィアをかりたてたもの… その源はイエズスの聖心との深い一致にありました。
マグダレナ・ソフィアは生前、会員に向けて、イエズスの聖心と一致するよう、絶えず熱心に祈るように繰り返し述べました。
マグダレナ・ソフィアの心は、聖心と深く一致していたので常に平和に満たされていました。

ソフィーにとって「会の精神は、本質的に祈りと内的生活に基礎を置いています」(会憲17)。彼女は私たちが内的生活を大切にするよう招いています。それは内的生活が私たちにとり実り、生命力の源であるからです。内的生活は、人間的なものと神的なものが一緒になる場、復活されたキリストと出会う場であり、私たちが喜びや悲しみを持ちこみ、そこから私たちが「はい」という答えを発する力を得るところなのです。
(『命の展開ー賜物を捧げて』聖心会2003年)

聖心会の根本的な精神は、創立者のヴィジョンを受け継いでいますが、その表現方法は時代によって、国や文化によって、様々な形を取ります。 日本という独自の歴史と文化を持つ国において、カトリシズムの精神が根づき、その文化や社会的ニードに応じた形を取るために、わたしたち日本管区では、日本における聖心会の霊性の在り方を模索してきました。

祈り

「会の精神は、本質的に、祈りと内的生活に基礎を置いています。…」
(会憲#17)
わたしたちの生活は、根本的に祈りに支えられています。
この祈りの生活は、どのような活動の最中にあっても、わたしたちの生きる姿勢の基盤となります。
それは、生涯をかけて育み、神の恵みのうちに全うされるものです。
「わたしたちの内に生きておられる霊が、内から少しずつ、わたしたちを変えてゆきます。
...霊は、わたしたちをイエスとひとつである者、イエスに似る者とし、
また、わたしたち自身のうち、他者のうち、様々な出来事のうちにおられる
主の現存に気づく力を与えてくれます。
こうしてわたしたちは、観想すること、
主のみ心のように現実を感じ取ること、
自分のいのちを御国への奉仕に使い尽くすこと、
そうして愛において成長することができるようになります。
『お互いにキリスト・イエスの心を、自分の心としてください』(フィリピンの信徒への手紙2章5節)」
(会憲#21)

聖心会についての著作

◆外国語の文献 (聖心会の歴史・創立者に関する著作で、比較的最近のものを限定的に掲載)

Luirard,Monique, La Sociètè du Sacrè-coeur dans le monde de son temps 1865-2000
Kilroy, Phil. Madeleine Sophie Barat?A Life. Coke, Ireland: Cork University Press, 2000.
(2008年に日本語翻訳が出版されました。下記参照のこと。)
Luirard, Monique, Madeleine-Sophie Barat (1779-1865):

une educatrice au coeur du monde, au Coeur du Christ, Montrouge: Nouvelle Cite, 1999.
(2007年に日本語翻訳版が出版されました。下記参照のこと。)

Williams, Margaret. The Society of the Sacred Heart:

History of a Spirit, 1800-1975. London, Darton: Longman & Todd, 1978.

----------. Saint Madeleine Sophie, her Life and Letters. New York: Herder & Herder, 1965.

Charry, Jeanne de, Evolution canonique et legale de la Societe du Sacre-Coeur de Jesus de 1827 a 1853. Rome, 1991.

----------. Histoire des Constitutions de la Societe du Sacre Coeur, Second Partie, Les Constitutions

definitives et leur approbation par le Saint-Siege. 3 vols. Rome, 1979.

----------. Histoire des Constitutions de la Societe du Sacre Coeur. La Formation de l’Instituit. 3 vols. Rome, 1975.

◆日本語の文献(一部のみ掲載)

フィル・キルロイ 『マドレーヌ=ソフィー・バラ キリスト教女子教育に捧げられた燃ゆる心』  安達まみ、冨原眞弓訳、みすず書房、2008年 みすず書房のHP  http://www.msz.co.jp/book/detail/07360.html/

モニーク・リュイラー 『マグダレナ=ソフィア・バラ(1779~1865)

世のただ中でキリストのみこころを生きる教育者』 里見貞代訳、聖心会、2007年

三好切子 『聖マグダレナ・ソフィアの生涯』 毎日新聞社、1978年〔第1版〕/2002年〔第6版〕

児島なおみ 『聖マグダレナ・ソフィア・バラ』 リブロポート 1988年

◆日本管区のシスターたちによる著作

(一部のみ掲載)

増田早苗
『浦島伝説に見る古代日本人の信仰』 知泉書館、2006年
『The Spirituality of Japanese Folktales』Tokyo: Enderle, 2002.
『日本神話と聖書のかけ橋』 エンデルレ書店、1998年
『日本昔話の霊性』 エンデルレ書店、1996年

鈴木秀子
『幸福力のある女の子を育てる本』 新紀元社、2008年
『幸せに気づく時間 毎日を笑顔に変える35のストーリー』 佼成出版社、2007年
『愛と癒しの366日』 海竜社、2007年
『愛と癒しのコミュニオン』 (文春新書)文藝春秋、1999年
『死に行く者からの言葉』 (文春文庫)文藝春秋、1996年
他、著作多数

田邉菫
『ロヨラのイグナチオの神秘体験』 南窓社、1986年

和田町子
『ミサの物語』 日本評論社、2001年
『マザー・テレサ』(Century Books 人と思想) 清水書院、1994年